2019年1月(下旬)

[最新][一覧][1月(中旬)/2月(上旬)]

2019月1月21日(月)

朝の空港バスで出発.飛行機に乗る.

空港では自動化ゲートの登録をする.自動化ゲートを通っても,結局窓口でスタンプを押してもらうんだけど.

香港に到着.中国へは初入国.

そこからクルマで深センへ.香港・中国のパスポートコントロールを越えるのも,もちろん初めて.

IT系某社との会議.長い話になったが,20時頃に無事終了.

夕食は相手の社内食堂.といっても,色々なテナントが入っているレストラン街になっていて,従業員だけでなく,従業員の家族やお客さんも使えるようになっている.夜遅くまで働く社員のためでもあるし,深センが新しい街で食事インフラも(少なくとも昔は)整っていないことから,会社が抱え込むような形になっているのだろうかと思った.

ホテルにチェックイン.

疲れて眠いが,ホテルからの夜景はきれい.中国の新年に向けてのイルミネーションで,総額50億円くらいかかっているらしい.街の勢いはこういうところにも出るのだろうか.

2019月1月22日(火)

8時集合.

今日は工場見学.

夕食.今日も会社のレストラン.

二次会は深センの街で飲む.繁華街も大きい.というか,東京よりも大きい都市だもんね.

2019月1月23日(水)

今日は帰国日.

車で深センから香港へ.特に渋滞もなくすぐに空港へ着いた.

早めに香港の空港に着いたので,空港のレストランでのんびり飲茶.人生初.

お土産を買ってから14時過ぎのフライトに乗る.

週の中日のせいか,行きと違って空いていた.8つあるビジネスクラス席で,乗っていたのが自分だけ.

CAがマンツーマン対応状態になり,むしろ気まずい.

21時に家に到着.

今回の中国出張は,仕事としての成果はともかく,中国の若い企業,若い街の活気を肌で感じることができたのがよかった.

米中の話はいろいろあるけれど,いいモノやサービスを出した者が最後に残るだけの話でもあるわけで,その点うちの会社はどうなのかととても刺激になった.

2019月1月24日(木)

出社.

まず出張精算.それからたまっていた仕事を片付ける.

新しい大ボスへの業務紹介.

夕方から工場へ.

お付き合いがある会社の偉いひとと新年のあいさつ.

19:30退社.

「経済学者たちの日米開戦(牧野 邦昭)*1

「日本の敗戦を早くから予見していた秋丸機関の経済学者たちの幻の報告書」なるものに興味を引かれた.〜機関という名前も何やら国家機密の雰囲気.

しかしふたを開けてみると,特に機密の経済情報や視点があるわけもなく,国の指導者層の共有認識だった「戦ったら負ける」を裏書きしたのみ.ではなぜ負けるとわかっていて戦争を始めちゃったのかというと,行動経済学の理論で「期待値は悪くても,人は確実な負けよりは一か八かの勝負を選んでしまう」という話.説得力はある話だが,この内容なら本一冊はいらないのでは.

ただ時代の雰囲気や,色々な人の様々な意見など教科書に載らないような話がどれも興味深かった.秋丸機関が能力主義で人を集めて,その中にはマルクス系の人すらいた話とか.


*1ISBN: 4106038285

2019月1月25日(金)

朝は工場へ.

ベルギーから相談を受ける.来週TV会議でもやるか.

昼は別の会社へ出張.偉い人と作戦会議.

そこから工場へ.

ボスから「お前の大好物だろう」と極秘資料を入手.本当に大好物だった.

16:00退社.

家でお仕事.人事評価で配下のメンバーそれぞれについてレポート作り.

オフィスのデスクではうかつにファイルを開けないので,在宅勤務のほうがやりやすい.

2019月1月26日()

「生産性とは何か(宮川 努)*1

生産性の学問的な定義から,マクロな指標,企業から見た生産性向上と幅広いトピックが扱われていて勉強になった.ひとことでまとめると,生産性向上には魔法の杖はないということ.

ただし新しいイノベーションで向上させるよりも,遅れている部分のキャッチアップで詰めるほうが資本生産性の効果が高いといった,バランス感覚のところは参考になった.

10時起床.

全豪オープン女子決勝をTV観戦.盛り上がった.

プレイの姿勢はクビトバが素晴らしかった.


*1ISBN: 448007189X

2019月1月27日()

9時半起床.


日記一覧に戻る
TF <tf@denpa.org>

Last modified: Sun, 27 Jan 2019 10:47:11 ["JST"]