日記(最新分)

以前の日記: 一覧, 4月[上旬/中旬/下旬], 5月[上旬/中旬/下旬]

スケジュール
TODO
(juggling) Burke's Barrage, 441 の練習

2021月5月3日(月)

9時起床.

「新ネットワーク思考―世界のしくみを読み解く(アルバート・ラズロ・バラバシ)*1

ちゃんとした理論に基づいたネットワークについての話で,洞察が深く,20年前の本とは思えないレベルで現代にも通じる内容.

この本を読んだもともとの動機は,先日読んだ「スケールフリーネットワーク ものづくり日本だからできるDX*2」の「スケールフリーネットワーク」の概念が誤解としか思えなかったことなのだけど,やっぱりおかしな話だった.

バラバシスケフリ本
単純なノードが,それぞれ自由に動いて作るネットワークが,特定の条件(成長と優先的選択)を満たすと自己構造化する.これをスケールフリーネットワークと呼ぶ.多様なノード(会社)が協調的に行動する(会員制コミュニティ)ことでスケールフリーネットワークが生まれる.
スケールフリーネットワークは複雑系の色々な場面で構造として現れる.このモデルは現実世界のあちこちでうまく当てはまるので役に立つ.スケールフリーネットワークは意図的に作り出すことができ,価値を生み出すことができる.
スケールフリーネットワークでは,自己構造化の結果としてハブになるノードが生じる.必要条件は優先的選択で選ばれるノード.しかし選ぶのは他のノードたち.Googleは「スケールフリーネットワークの中で選ばれる対象になる」ことで,後追いながら勝者になった.「スケールフリーネットワークの力を使いこなす」ことで,ハブになることができる.GAFA が好例.
スケールフリーネットワークでは,独占的なノードは理論的に生じない.Googleはスケールフリーネットワークの力を使いこなすことで,プラットフォームを独占した.

モヤモヤがすっきりした.

訳は青木薫氏で安心して読めるのだけど,一ヵ所だけ気になった.P169で,シカゴのハブ空港が「オハラ空港」とあるのだけど「オヘア空港」じゃないのか.


*1ISBN: 4140807431
*2ISBN: 4296107712

2021月5月2日()

9時起床.

観る将.

お仕事.連休前に作ったコンテンツを英語に翻訳.

読書.

ウォーキング.4km.

2021月5月1日()

9時起床.

ウォーキング.6km.午後から雨が降りそうということで,早めに.

昼寝.14-16時.

「ホンモノの偽物(リディア・パイン)*1

偽物と本物にまつわるノンフィクション.8つの異なるテーマそれぞれが面白かった.

美術品の贋作で,それ自体の人気が出たものは偽物なのか.人工ダイヤモンドと天然ダイヤモンドを分かつものは何か.博物館のクジラの骨格標本は,はたして「本物」と言えるのか.真贋の判定が数十年つかなかった古代マヤ文明の文書.

本物,偽物は,モノそれ自体だけで決まらず,来歴や目的,受ける側の意識…など多くの要素が絡み合う複雑なものである.哲学的にはオーソドックスな話かもしれないけれど,実際の出来事を通して面白く学べる.


*1ISBN: 4750516716

2021月4月30日(金)

5時起床.

ゴルフ.職場のメンバーと.

いい天気で楽しかった.

水筒のパッキンがへたってきたので,交換しようと思ってヨドバシ.comで注文.しかしカートから注文手続きに進もうとしたら "Access Denied" を食らった.

GWは書き入れ時だろうに,こんなことで大丈夫か.

給料を市場価格のトップにする、というのは興味深い

給料を市場価格の上位〇〇%にするというのは,割とオーソドックスな運用だと思います.日本では人事に関わっていないので事情はわかりませんが,ヨーロッパの赴任先では具体的な数字を設定して雇用戦略を立てていました.ある国の給与分布は人事コンサルがしっかり数字を押さえています.

優秀な人をたくさん集める場合には,結局のところ,上位〇〇%の給料を払うしかないですからね〜.

2021月4月29日(木)

9時起床.

バンクシー展.ホンモノが(たぶん)ひとつもない展覧会ってどうかと思ったが,行ってみた.思いのほか良かった.

お仕事.英語.

ウォーキング.4km.

雨の合間を縫って.


(続きを読む...)
ホームページへ戻る
TF <tf@denpa.org>

Last modified: Mon, 03 May 2021 17:47:48 ["JST"]